新潟市|消防設備点検・防火対象物定期点検・点検結果報告書作成・避難訓練サポート・防災計画作成・消防設備工事(株)エフ・ピーアイ

  • エフ・ピーアイHPヘッダー画像

消防設備点検

防火対象物定期点検

株式会社エフ・ピーアイ
新潟市江南区曽野木2-16-17
TEL 025-284-8640
FAX 025-284-3257
受付 8:30〜17:30
定休 日、祝、第2・4土曜日

qrcode.png
http://f-pi.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

《消防・防災事業》
・消防設備点検
・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成

・防災計画など関係書類作成

・消防訓練、避難訓練サポート

・消防設備工事(設計、施工)

・各種機器の販売
《電気通信工事事業》
・テレビアンテナ工事
・監視カメラ工事
・省エネ照明器具工事

・インターホン工事

・施設内放送設備工事

・ナースコール工事

・各種機器の販売
―――――――――――――――

《対応エリア》
・新潟市中央区
・新潟市 西区
・新潟市 東区
・新潟市 南区
・新潟市 北区

・新潟市江南区

・新潟市西蒲区

・新潟市秋葉区
・他、新潟市近隣市町村
―――――――――――――――

 
 

お知らせ

お知らせ
 
エフ・ピーアイ新聞11月号「暖房器具の取り扱いに注意しましょう」
2018-11-30
新聞やニュースで製品評価技術基盤機構(NITE)は、ストーブやヒーターなど暖房器具が原因で起きた火災や一酸化炭素中毒事故で、2018年3月までの5年間に107人が死亡したと明らかにしました。
 暖房器具による事故の状況は、1,064件のうち770件が火災を伴っている。そして、死亡事故は96件(107人)となっています。特に70歳以上の高齢者による死亡事故は被害者の年齢が判明した死亡事故76件中54件(71%)でした。事故の中には衣服などが電気ストーブに接触したまま気付かずに事故に至った事例(着衣着火)もあります。年齢を重ねるにつれ皮膚感覚の低下などにより温度の変化などに気付きづらくなり、注意が必要です。
 
エフ・ピーアイ新聞10月号「火気の取り扱いに注意しましょう」
2018-10-30
毎度格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。10月も後半ですと肌寒さを感じます暖をとるためストーブやこたつが必要な季節ですが、火の取り扱いには十分注意して参りましょう。
 しかし、ストーブの燃料である灯油価格の高騰に驚いている方も多いのではないでしょうか?灯油価格情報ナビによると10月22日公表の18リットルの灯油価格は、1,824円となっており昨年同月価格と比較すると約500円の値上がりとなっております。資源の無い日本において燃料価格の変動は仕方ないことだと思っていても農業や製造業への影響も大きいと心配になります。
 
エフ・ピーアイ新聞9月号 誘導灯のLED化
2018-09-27
新築ではLED型誘導灯の採用は当たり前になりました。これまでの誘導灯の光源には蛍光ランプが使用されていましたが、放電によって発光を実現する蛍光ランプに比べ、原理的に電気を直接光に変換するLEDは、エネルギー効率が格段に高く、より低い電力で発光させることができます。
 
 
火災通報装置自動通報工事編
2018-09-05

先日実施させていただいた火災通報装置の自動通報工事についてご紹介いたします。

 

今年で開所から8年となる老人福祉施設ですが、火災通報装置と自動火災報知設備の連動工事をご依頼いただきました。

 
エフ・ピーアイ新聞8月号 声掛けで熱中症対策
2018-08-28
熱中症は、工事現場・工場などの職場でも発生しています。暑い場所での長時間の作業は、激しく体力を消耗し、熱中症の危険が高くなります。こまめに休憩を入れ、個人が水分を補給できる環境を整えなくてはなりません。まだまだ暑い日が続きます。こまめな水分補給や休憩は大切な事ですが、お互いを気づかい体調不良を言い出しやすい雰囲気をつくることも大切です。
 
インターホン交換工事編
2018-08-10

先日実施させていただいたインターホン交換工事についてご紹介いたします。

 

築13年の共同住宅(アパート)のインターホン交換をご依頼いただきました。

いつの間にか通話ができない状態になっていたということです。

 
消防設備補修工事編
2018-08-03

先日実施させていただいた宿泊施設の消防設備補修工事についてお知らせいたします。

 

竣工より11年が経過し、ちょっとした修繕が少しずつ発生するようになり、放送スピーカーの交換と非常照明の蓄電池交換をご依頼いただきました。

 
感知器交換工事編(高所作業)
2018-07-31

先日実施させていただいた製造工場の感知器交換工事(高所作業)についてご紹介いたします。

 

竣工から約20数年、増築工事から15年程経過し、増築部分の雨漏りにより感知器が水没してしまい、この度交換せざるを得なくなりました。

 
エフ・ピーアイ新聞7月号 罹災証明書とは?
2018-07-30
総務省消防庁の集計で西日本を中心とした豪雨による住宅被害が3万8千棟にもなり、被害者が公的支援を受けるために自治体は「罹災証明書」の迅速な発行が課題となっております。
 
罹災証明書は、住居が火災・地震・大雨・台風・津波などの被害に遭った場合に発行される証明書です。火災被害に遭った場合は消防署が発行しますが、他の被害は概ね市町村などの自治体より発行されます。申請してから実際に証明書が発行されるまでの期間は、各自治体や被害の状況によっても異なりますが少なくとも1週間以上の期間を要します。
 
 
換気扇交換工事編
2018-07-24

先日実施させていただいたテナントビルの換気扇交換工事についてご紹介いたします。

 

竣工から20数年経過しており、電気関係の修繕を定期的にご依頼いただくなかで、今回は経年劣化により不調となった換気扇を交換いたしました。

<<新潟市の消防設備点検会社(株)エフ・ピーアイ>> 〒950-1135 新潟県新潟市江南区曽野木2-16-17
TEL:025-284-8640 FAX:025-284-3257